株主になると必ずもらえるのが、株主優待。ファストフードから高級ホテルまで、その株主優待の中身は様々です。ここではできるだけ多くの株主優待についてご紹介していきます。

高級ホテルの写真

株のファンドの適切な投資期間とは

株式の売買を自分で行う代わりに、ファンドを購入する投資手段もあります。プロが運用することで安心感が得られることもありますが、運用成績は業者によって異なります。そのために少しでも運用成績が良いところを探すようになります。投資手法はそれぞれ異なるので、相場の動きによっては上手く運用できるところとそうでないところが出てきます。そこで、どの位の期間保有すれば良いのかが課題になります。あまりに短期間となれば手数料が高くつくので、ある程度は長く保有する必要があります。けれどもタイミングを見て運用成績の良いファンドへ乗り換えなければ収益を高めることができなくなります。相場が強い時には利益追求型のファンドを購入することになりますが、ある程度上昇するとそこからの上昇余力は少なくなります。そこで一旦手放して堅調に運用するものに乗り換えることが有効です。値下がりへのリスク回避が行われることにより、相場が天井をつけて反落した場合の備えとすることができます。また、株式投資とファンドとを併用することも効果的です。やはり上昇相場で保有する株式の含み益のリスク回避にファンドを利用することができます。その場合、保有期間としては天井をつけてから下落を続ける間となります。自分で空売りできる人なら不要ですが、少しでも利益を得たいと思う人は下落を続ける間に利益を出せるような空売りを行うファンドを保有するとお得です。一般に上昇よりも下落期間の方が長いので、長期で保有することになります。保険として保有することにより、株式売買も安心して行えるようになります。このようにファンドは様々な利用方法と保有期間の組み合わせで便利に活用することができます。